トップ画像

現在のシンガポールの経済情勢を見る!

シンガポールは東南アジアのほぼ中心であり、国土面積は東京23区とほぼ同じ大きさの小さな国です。国土面積は小さいですが人口は多く、世界第2位の人口密度になっています。かつてはイギリスの領土であり、中国とインドの貿易の中継地点として栄えていました。マレー半島がイギリスから独立してから、マレー系の人種を優遇する政府に反発して独立したのがシンガポールです。独立する際は多くの華僑を率いていったので、現在のシンガポールの住民の70パーセントが中国系です。

シンガポールは小さな国ですが、近年目覚ましい経済成長を遂げており、富裕世帯の割合が多い国でもあります。ビジネス分野での国際競争力が強く、経済力が非常に高い国と言えるでしょう。東南アジア、東アジア、オーストラリア、そしてヨーロッパや中東を結ぶ交通の大切な地点であるため貿易の拠点となり、海運や航空産業が発達しています。

シンガポールの得意な産業が金融サービス、エレクトロニクスやバイオメディカル、ビジネスサービス、運輸や通信などであり、外資を積極的に誘致しているため外資系企業が多く進出しています。また、観光産業にも力を入れており、ここ数年で多くの名所が増えているという特徴があります。現在のシンガポールは東南アジアで最大級の工業国であり、さらに東南アジアの金融センターとなっています。このように、経済発展が著しいシンガポールですが、その理由のひとつがインフラ整備です。

貿易に欠かせないのが交通手段ですが、シンガポールの航空会社は世界トップクラスのネットワーク、そしてサービスであり、シンガポール経済を支えているといっていいでしょう。シンガポール経済の強みは、英語が公用語であること、法人税の優遇措置などの税制上の優位性、多国籍であるための外国人雇用のしやすさ、アジアの中心に位置している事での立地優位性などがあげられます。一方の弱点と言えば、国土の狭さ、エネルギーや食糧そして水などの自給率の低さ、そして人件費や不動産コストが高いことがあげられます。

このページの先頭へ