シンガポール、対中国協力プロジェクトの合意の話

7月28日、中国を訪問していたテオ・チーヒエン副首相は、張高麗副首相と会談を行い、シンガポールと中国の政府間協力プロジェクトについて基本的な合意に達しました。

すでに天津エコシティーと蘇州工業団地(SIP)のプロジェクトがあり、テオ副首相はアジアインフラ投資銀行の創設メンバーとなるようにとの中国側からの働きかけを受ける考えを示しました。

3件目のプロジェクトとしては、中国政府が都市化や近代化を推進している華西となる予定で、昨年10月に2国間ハイレベル合同委員会で提案をされています。そのターゲットとなる都市の選定にあたって、シンガポールの政府職員が同地域のいくつかの都市の視察を行っているそうです。

多国間にわたる政治的・国際的な協力体制を築くことで、より効率的で先進的な都市開発が行われることを期待したいですね。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

任意のタイトル

任意のテキスト

このページの先頭へ