トップ画像

駐在員転職たとえばどんな仕事があるか

シンガポールへの赴任が多い業種としては、マネージメントや社員教育、海外営業、店舗展開戦略を行うものが挙げられます。これには、製造業からIT関連、飲食系やサービス業など様々な分野が含まれます。そのため、シンガポールへの赴任を希望しての転職であれば、どの業界でも可能ですが、こうした業種におけるスキルや経験を積むと良いでしょう。

赴任したとしても、日本からの異動という形ですので、基本的には日本での勤務と同じ待遇が受けられます。もちろん、外国での居住ということになると、国民健康保険などの日本の公共サービスは適用されないものもでてきますが、現地の福祉制度を利用できるようになります。また、シンガポールは物が豊かにあるものの、日本に比べて生活費が若干安く済むので、相対的に見て生活面で楽になるのも、駐在員としてのメリットです。税金などのシステムが日本と異なりますが、多くの企業ではそれぞれの必要に合わせて手続きを行ってくれたり、情報提供をしてくれたりするので安心です。

営業にしても店舗展開や社員教育にしても、日本国内で行うのとは異なりますので、異文化への理解や高いコミュニケーション能力があることが求められます。幅広い知識や柔軟な思考力が必要とされる場面も多くなるので、今までの経験や能力の見せどころとも言えるでしょう。転職活動の際にもこうした違いを考えて、自分の長所をアピールすることで異動のチャンスを高めることができます。

駐在員転職、必要なスキルとは

日本からシンガポールでの駐在員として働ける企業に転職したいのであれば、必要となる能力やスキルを事前に知って自分の持っている経験と合致するかどうか確認し、もし足りないのであればスキルアップを図るのは欠かせません。

シンガポールは貿易の拠点として、世界中の企業が集まっていますし、多くの日系企業も貿易関連の業務をしています。そのため、経理や会計の業務をしている人が貿易や国際基準の業務スキルを身につけるなら、より駐在員として赴任できる可能性は高まります。また、航空関連企業の赴任も比較的多く見られます。旅客、貨物問わず航空便のコーディネイトができる人や、管理や教育分野で優れた能力があるなら、希望により異動できるチャンスが高まります。

なんと言っても、シンガポールに進出している企業への転職情報で最も多いのは、IT関連です。そのため、この業界での職歴やスキルがあるなら大変有利です。システム構築やサーバー管理、プロジェクトマネージャーとしての職務経験がある人は需要がかなりあります。特に、異なる国籍の人たちとチームを組んで働いたことがあるなら、より歓迎されます。日本とは異なり、この国は多国籍文化ですからチームを組んで働く時には、様々な国の人と共に働くことになりますので、滑らかにコミュニケーションを取りながら効率よくプロジェクトを進める必要があります。そのため、高い技術力とともに管理能力や人をまとめる人柄などを積極的にアピールするなら、転職の際に有利となるでしょう。

どんな待遇で採用してもらえるか

シンガポールは生活費が世界の中でも高いので、駐在員としての生活は大変になるのではと心配する声もあります。しかし、ほとんどの日本企業は手厚い手当を出していますので、心配することはなさそうです。まず、会社によって名称は異なりますが、駐在手当がつきます。大まかに言うと、給料の20%くらいが割り増しされていることが多いようです。

そして、各種手当てもかなり充実しているところがほとんどです。たとえば、住居や医療費などは全額負担となることが多いですし、子どもの学費も公立学校に通うなら全額補助となることがほとんどです。そのため、生活費が高いとは言っても、実際にはある程度余裕のある生活ができるでしょう。また、シンガポールは税金などが高い分社会福祉制度がしっかりしているので、実際に住んでみると全体的にはさほど高い印象を受けないでしょう。

シンガポールでの駐在員としての業務ではどうしても出張が多くなります。特に営業分野での仕事に就いている人はなおさらです。日系企業であれば、必要経費以外に出張手当がつくことが多いので、家計からの持ち出しもなくなり生活に支障をきたすこともないでしょう。また、住居のレベルが日本より上がるという駐在員も多くいます。会社で契約している家に住むことがほとんどですが、より広く快適な住居を用意していることが多いですし、家賃は全額補助されるケースがほとんどですので、駐在員としてのメリットの一つと言えるでしょう。

このページの先頭へ