トップ画像

シンガポールに進出している日系企業を探る

シンガポールは商業の中心地として世界各国の企業が軒を連ねています。日系企業も例にもれず、たくさんシンガポールに支社や営業所を構えています。

シンガポールに進出している日系企業のリストを見ると、ほぼ全ての業種の企業があると言ってもいいくらい、多種多様な業種の会社があります。

やはり一番目に付くのは、伊藤忠や三菱商事などの商社系の企業です。シンガポールは金融や、重油を始めとする先物取引の市場があるため、また交易の一大要衝として世界中の企業や物とお金の流れに関する情報が集まっており、商社にとっては大変重要な場所なのです。

また、電機、製造関連の企業も多く、富士通やソニーを筆頭に様々な企業が進出しています。

やはり、アジアだけでなく中東やアフリカにまで及ぶシンガポールの商業圏を利用して、販売網を世界に広げるには欠かせないビジネスの拠点と言えます。

また、不動産や建設関連の大企業も名を連ねています。

特にゼネコンが多く、プラント建設や大規模開発に関わる点で、シンガポールは情報収集やビジネス交流に最適な上、中東やアフリカ、東南アジアでの実際の現場にも移動しやすいという地理的条件も重なって、多くの企業が拠点を構築しているのです。

また、このような日系企業をターゲットとしたサービスを行う会社もあるのが、この地域の特徴です。

日本語を教えたり、日本食を提供したり、様々な日本的なサービスを行ったりするなど、日本人相手のビジネスが成り立っているのです。

日系企業の中や日本人向けのビジネスで必要とされる人材はやはり「日本人」である特性を活用したいと思っているので、必然的に日系企業の転職先を探して活動していくのが効率的になってきますね。

ローカル転職と、駐在員転職を調べる

シンガポールの日系企業への転職について把握したら、ローカル(現地)転職か、駐在員転職かという選択肢になります。それぞれ確認してください。

このページの先頭へ