トップ画像

シンガポールの移動手段

シンガポールは公共交通機関が発達しているので、シンガポール国内を気軽に移動できます。公共交通機関には電車、バス、タクシーがあり交通費も比較的に安いので、移動の際は公共交通機関の利用をおすすめします。

電車はMRTといい、市内は地下鉄で郊外は高架を走行します。緑色の東西ライン、赤色の南北ライン、紫色の東北ライン、黄色のサークルラインの4つの路線があり、ラインにより違いがありますが、朝6時から夜12時頃まで運行しています。駅構内や車内は清潔でエアコンも完備されているので、安くて便利で使いやすく快適でしょう。

MRTに乗るにはまずは券売機でチケットを購入します。このスタンダードチケットは運賃とデポジットを一緒に払います。1枚のスタンダードチケットで運賃をチャージしながら6回乗る事ができ、3回MRTに乗るとデポジットが自動で返却されるようになっています。さらに6回乗ると運賃が値引きになります。

いつもMRTを利用するというのではあれば、ezリンクカードがおススメです。このezリンクカードは日本のSUICAと同じようなもので、プリペイド式で、バスにも乗る事ができますし、割引もありますからお得です。いらなくなれば窓口でカードの残高を返却して貰えますが、カード費用である5ドルは返却されないので注意しましょう。このezリンクカードは駅窓口やセブンイレブンなどで販売しています。

路線バスはMRTよりもさらにお得な運賃となっており、路線もかなり充実しています。ほとんどのバスがエアコンを完備していますし、快適に乗る事ができますが、日本のようにバス停でただ立っていても止まってくれません。必ず手を上げて乗車する意思表示をしましょう。運賃は均一運賃ではなく、エアコンの有無や走行距離、支払い方法などで変わります。支払いは現金か、ezリンクカードです。

シンガポールのタクシーは日本より格安で乗車できます。タクシーに乗るにはタクシー乗り場に行くか路上で手を上げて捕まえます。乗る時は自分でドアの開閉を行い、必ずシートベルトを着用します。

このページの先頭へ