トップ画像

贅沢品は日本よりも高額に・・

東南アジアのほぼ中心に位置するマーライオンで知られているシンガポール、転職を考えた場合に気になるのがシンガポールの物価です。東南アジアと聞くと何となく物価が安いようなイメージを持つ人、また逆に東南アジアを代表する経済大国だから高いのでは、と思っている人もいるでしょう。実際のシンガポールの物価はどうなのでしょうか。

シンガポールでは、生活に必要なものは基本的には安く、嗜好品などの贅沢品は高価であると考えるといいでしょう。例えば、日用品や地下鉄やバス、タクシーなどの交通費、ホーカーでの食事などの生活に欠かせないものは安価になっています。ちなみにシンガポールの人は、家で食事を作って食べるという習慣が殆どなく、ホーカーと呼ばれる屋台で食べるのが一般的です。ですから、ホーカーでの食事は安価で食べられるようになっているのです。ホーカーでは1食日本円で500円あればお腹いっぱい食べる事ができます。また、日用品は日系スーパーではなく、地元のスーパーで購入する方が安価です。

シンガポールで高いものというと、アルコールやタバコなどの嗜好品です。これらは日本以上に高額で、タバコは日本円にして1000円以上するものもあります。また、アルコールも日本以上に高額ですが、インドネシアにはハッピアワーと呼ばれるものがあり、早い時間であれば安く飲む事ができます。

また、ホーカーでの食事は安価で食べる事ができますが、レストランでの食事となると話は別です。レストランでは税金とサ

ービス料がかかるため、日本と同じくらいの金額になります。夜、アルコールを飲んでしまえば日本よりも高くなってしまいます。

シンガポールでは地下鉄やバス、タクシーなどの交通手段は安価ですが、車を買うとなると非常に高額になります。税金やライセンス、保険などが加わり、シンガポールで日本車を購入するとなると、日本の約3倍ほどになるのだといいます。

シンガポールでは日系のお店も多く出店しており、日本製のものも手軽に購入できます。しかし、輸入品であるため日本で買うよりも高額になります。

このページの先頭へ