トップ画像

シンガポールの通貨事情

シンガポールの通貨はシンガポールドル、Sドルです。そして、シンガポールドルの100分の1がシンガポールセント、Sセントです。シンガポールドルはブルネイドルと同じ価値で固定されており、ブルネイでも使用できます。また、逆にブルネイドルもシンガポールで使用する事ができます。

紙幣は2Sドル、5Sドル、10Sドル、50Sドル、100Sドル、1000Sドル、10000Sドルとあり、最も一般的で良く使うのが10Sドル札以下です。50Sドルや100Sドルも出回ってはいますが、小さな店舗やホーカーなどでは使えないことも多いので、10Sドル札を多く用意しておくのが良いでしょう。紙幣の材質はかつては紙でしたが、現在は2Sドル5Sドル10Sドルは丈夫なポリマー製の紙幣が発行されています。普通の紙幣とは、手触りと透かし部分が違います。硬貨は1Sドル、50Sセント、20Sセント、10Sセント、5Sセント、1Sセントがありますが、1Sセントはあまり使う機会がないのでほとんど出回っていないといいます。

日本円をシンガポールドルに両替する場合、4つの方法があります。

  • 日本にいる間に銀行や両替店で両替する
  • 日本に出発前に空港の両替店で両替する
  • シンガポールに到着してから空港の両替店で両替する
  • シンガポールの街中で両替する
とありますが、シンガポールでの両替がおススメです。

それも、空港の両替店ではなく街中の両替店で、シンガポールではあちこちに両替所やATMがあるので便利ですし、街中ならレートも良いと言われています。なるべく避けたいのが日本での両替で、その理由がレートの悪さにあります。シンガポールドルを持たずに入国するのは不安という人は、とりあえず少しだけ日本で両替しておくと良いでしょう。3000円程度両替しておけば食事と交通費を賄う事ができるでしょう。

また、シンガポールではほとんどのお店でクレジットカードの利用ができるので、たくさん両替するのではなくカードをメインに使うのもひとつの手でしょう。

このページの先頭へ