トップ画像

シンガポールの食事情をチェック

シンガポールで日本人が生活する上で気になるのが食事情ではないだろうか。シンガポールは男女とも稼ぎに出る人が多いので家庭で炊事を行う習慣が殆ど無い。そのため豊富な外食産業が発展してきている。

多様な人種が入り乱れたシンガポールなので中華料理、シンガポール料理、インド料理などが楽しめる。また日系企業も進出しているため和食も食べられるし、デパート、スーパーでは日本の食材が扱われているので普通に日本食を手にする事もできる。シンガポール勤務の日本人では家政婦さんを雇ってる人もいるが、家政婦によっては日本食を作れるようにしつけられている人もいるのだ。

さて、シンガポールで最も有名な外食はホーカーズだろう。ホーカーズは様々な屋台が集まり政府によって厳しく衛生的に管理された場所で現地のリーズナブルな食事(500円程度)をするのには持って来いだ。ホーカーズは国内の至るところにありビジネスマンや家族でごった返すほどの賑わいを見せている。

飲食店には政府によって衛星マークが取り付けられている。「A」は最上級の衛生的ランクで、「E」は不適合。ホーカーズではBやCの店も見かける。レストランで日本人がニガテなチップ制度に関してはサービス料として予め徴収されている場合が多くなってきている。

このページの先頭へ