トップ画像

比較的治安は良いがトラブルは避けるように行動しよう

シンガポールは海外の中でも比較的に治安の良い所と言われています。ただし、日本もそうですが犯罪がないわけではありません。スリや盗難などの軽犯罪は度々起こっていますから、治安が良いとはいえ注意が必要です。シンガポールで多いトラブルがスリ、置き引きですが、睡眠薬を使った盗難やタクシーでのぼったくりなどがあります。中でもスリは色々な手口でシンガポールを訪れる外国人を狙っています。例えば、駅の改札を通る時に犯人に挟まれる形で立ち止まる事で盗まれたり、カッターでバックを切って財布を抜き取る、ケチャップやソフトクリームなどを持ってぶつかってきて、拭き取ってもらっている間に盗まれるなど、スリと行っても手の込んだものがあります。睡眠薬を使った盗難とは、睡眠薬入りの飲み物などを勧めて盗みを働くものです。ガイドを装って近づいてくる事があるので気を付けましょう。

また、タクシーでのぼったくりは、メーターを使用しない、料金を上乗せして通常の料金の数倍を請求する、などのトラブルがあるので、タクシーを利用する際は十分に注意しましょう。何か変だと感じた場合は、タクシーのナンバーや運転手の名前を控えておくと良いでしょう。

このようなトラブルに巻き込まれないために、ある程度身を守る方法を身に着けておく必要があります。基本的な事ですが、夜ひとりで出歩かない、買い物している最中も貴重品の入ったカバンはしっかり身に着けておく事、人がたくさんいるような場所ではスリに注意する事など、適度に緊張感を持っていましょう。

しかし、気を付けていてもトラブルが起きてしまう事もあるでしょう。そんな時はどうしたらいいのでしょうか。盗難にあったらまず警察に届け出ます。何がなくなっているのかしっかり確認して盗まれたものを報告しますが、パスポートがない場合は、警察で紛失証明書を発行して貰い、日本大使館でパスポートの再発行や、帰国のための渡航書の発給手続きをします。 クレジットカードもないという場合は、すぐにカードを緊急停止する必要があります。

このページの先頭へ