トップ画像

シンガポールの法律や規則をチェックして罰則を受けないように!

シンガポールは法律が厳しいことでも有名かもしれない。道路にゴミを捨てただけで罰金を取られるという話は日本人でも聞いたことがあるだろう。これからシンガポールに転職を考えている方は思わぬ罰金を避ける為にも予めやってしまいがちな規則をチェックしておくことをお勧めしたい。

まず 「FINE」と書かれた標識。これは「罰金」の意味なので注意深く標識を見るようにしてほしい。

一般的にやってしまいがち、酔っ払ったらやってしまいがちな行為を挙げておこう。

道路・公共の場所にタン・唾を吐く行為、鼻水を垂らすこと、主要道路の斜め横断、公衆トイレで水を流さない、立ちション、ガムや喫煙禁止場所での喫煙、吸殻やゴミのポイ捨て、タクシー内でのシートベルト未着用、MRTやバスでの飲食などは気をつけたい。

この様にシンガポールでは様々な規制があり国民の行動を縛っているように見える部分もあるが、多様な民族が住まうこの国で秩序を保ちながら発展するために必要な事だと言われている。

欧米諸国に植民地支配されてきた国であり、多様な民族、宗教が交じる国では個人の自由や個人の利益を追求することよりも、社会の秩序と安定を守る事が優先されるべきこと。社会の安定のためには犯罪を未然に防ぐような抑止力としての規制を設ける事が大切だという政府の考えが反映されている。

宗教寺院でのマナー
シンガポールには多様な宗教が存在している。仏教・道教、イスラム教、キリスト教、ヒンドゥー教など様々だ。そしてそれぞれの宗教での寺院が存在しているので、外国人であってもマナーは大切にしてほしい。肌を露出した服装、他人の迷惑となうような写真撮影は慎むようにしたい。

このページの先頭へ